経営にドラッカー理論

経営者のマネジメント理論

ドラッカーの経営者への名言

ピーター・ドラッカーがこの世に残した数ある格言の中には、マネジメントに関するものが多数あります。なかでも、経営者が覚えておきたい名言に、組織の運営に関するものがあります。その名言とは「組織のマネジメントとは、凄い人材を入れることや革新的なサービスを導入することのように思われがちだが、一番重要なことは、今ある人材と資産で何ができるかを考えることである」と述べています。この名言は、組織をいかに効率的・効果的に運用できるか、その1点に集中・集約された考え方と言えるものです。企業が所有する人・モノ・金といった経営資源には限界があります。それを無理に獲得・調達しようとするのではなく、できる範囲内で全力を尽くそうとする姿勢に人々は感銘を受けるのだと考えられます。

経営にドラッカー理論を取り入れ

このところの日本の経営は、グローバル競争に負けてはならないということから、数字至上主義となり、業績志向一辺倒になっているところがあります。ドラッカーは偉大な経営学者ですから、彼の著書を参考にしてマネジメントするのはいいことなのですが、どうかすると、前段で示したことを実現するために利用しようとすることが散見されますが、それでは企業活動はいずれ挫折することになりかねません。ドラッカーは偉大な社会学者という点にも着目し、その団体で働く人々の幸せをどうしたら実現できるかということを説いていることも学び取る必要があります。つまり、人間関係を志向することです。そうでないと、所詮行き詰ることになるからです。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 経営者のマネジメント理論 All rights reserved