経営者が知るべき哲学

経営にドラッカーの名言を

経営陣必見ドラッカーの名言

経営者を目指す人や会社で部下を持つ人間には必読とされているドラッカーの「マネジメント、基本と原則」。企業とは何なのかに始まり、人と仕事の関係、良いマネジメントの必要性を、実例を交えながら分かりやすく説明する構成になっています。文章は全体を通して読みやすく、何気ない部分に多くの名言が埋め込まれているため、読み物としても秀逸です。例えば、「マネジメント開発は人事計画やエリート探しではない」、「成果とは百発百中のことではない」など。著者は否定していますが、哲学といって良いレベルのこれらの提言は、純粋で人間的。経営者や営利団体関係者にとどまらず、世の中全ての組織管理者に読んで貰いたい一冊です。

経営上ドラッカーの思想が役立つ

経営するうえでドラッカーの思想は今の時代においても十二分に通用する思想だと思います。日本では、松下幸之助が「経営の神様」と呼ばれていますが、その著書はあまりにも現実離れした「夢物語」にすぎず、役に立たないというのが現状です。それに対し、ドラッカーの場合は外国人でありながら日本のことを日本人以上に存じており、日本のことをしっかりと踏まえた思想を著書の中で書かれており、大いに役に立ち、人のためになるのいうのを強く感じます。という感じで、彼のことを知らない方は、著書を今すぐでもいいので読んでみてください。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 経営者のマネジメント理論 All rights reserved