経営学における組織論

経営における組織と成果

経営学でのドラッカーの組織論

なんのために、どんな活動をするかがわからないまま、ただ漫然と仕事をしていくことは、たまたま上手くいくことはあっても、ある一定の成果をあげ続けることができないのは当然です。ただ注意が必要なことは、経営学の第一人者ドラッカーは成果についてを述べていることは、組織内部の事情や都合、自分達の想いをそのまま目標に掲げるだけで達成としている人が多く、成果の定義を売上高ばかりに持っていく人が多いですが、どんな組織を経営していても社会の中に存在していて、社会のなかに存在しているので、社会のためになってこそ初めて成果といえるようになります。

ドラッカーは経営学の古典

ドラッカーは経営学の世界では非常に有名な人物です。利益追求型の一辺倒だったそれまでの経営学を刷新した人物であり、現代的なマーケティングの礎を築きました。既にドラッカーのマーケティング手法は世界中に根付いており、彼のテクニックは言わば良い意味で非常に古典的な物となっています。しかし、温故知新という言葉がある通り、古典的な手法だからこそ、むしろ現代のビジネスパーソンが学ばなければいけません。現代の日本国内もまた、彼が批判した利益だけを追随するエゴ優先的なマーケティングが溢れています。今こそ、彼の著書を紐解き、クラシカルなマーケティングを温故知新の理念に基いて再体験すべきです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 経営者のマネジメント理論 All rights reserved