企業経営と社会の幸福

ドラッカーの経営の幸福論

企業経営における自由と幸福

経営学者であるドラッカーは1946年にGM社を取材し、社会的な存在としての人間が自由に生き生きと働くことができ、幸福感を味わうことのできる社会、そんな社会を作るにはどうしたよいのかという壁にぶち当たりました。そこで彼はマネジメントという概念を作り出し、社会的正義の観点から、人間の自由と幸福を実現させる社会はどうやったら生み出すことができるのかという課題に直面することになるのです。この課題を解決するため、ドラッカーは企業にイノベーションという名の革新をもたらす方法を説いています。それがひとつには、組織のイノベーションであり、人の弱み・強みに関するマネジメントであり、あるいは人間の成長を促す啓発と訓練であったりしたのです。これにより企業の経営力は向上し、目標が達成されると説いています。

経営やマネジメントを学ぶなら

経営やマネジメントを追求している書籍というとドラッカーが有名です。自らの強みを活かしながらどのように仕事に取り組んでいくのか、また、部下や上司が成果を上げるためには何をするべきか学べる書籍です。政治や経済、行政など様々な分野に影響を及ぼした人物であり、数多くの書籍が販売されています。分かりやすい言葉で説明されているのもドラッカーの書籍が人気となっている理由でしょう。経営者に向けた書籍が多く出版されていますが、仕事をしているどのような人にも役立ち、現在の仕事を見つめ直せる書籍でもあります。口コミの評価も高いので一度読んでみる価値はあるでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 経営者のマネジメント理論 All rights reserved